国内飛行機にかんするもの

国内飛行機のデメリット

国内飛行機のデメリットは、気象に弱いことがあげられます。
夏は台風や霧、冬は降雪の時は鉄道やバスが動いていても飛行機は飛ぶことができません。天候が良好になり、滑走路の除雪や台風が圏内から外れるまで、乗客は延々と空港で足止めになります。
このような事態は予測なしに起きることもあります。出発した空港は天気が良くて、上空は何の問題もなく飛行していても、着陸する空港が雪で滑走路が閉鎖していたり、霧が立ち込めておれば、引き返さなければなりません。
これは台風の時も同じで、飛び立った時には着陸の空港も問題はなくても、台風の目が移動して空港圏内に入れば、引き返すか、ないしは近隣の飛行場に着陸することになります。
このようなトラブルは飛行機に乗るときには、ありえることとして想定していなければなりません。ただし、乗客の時点でアナウンスが入ることの方が多いものです。
近隣の空港に着陸した場合は、その空港から目的地までの交通機関にかかる費用は航空会社で持ってくれるものではありません。